募集要領

1.賞の対象

ものづくり安全の向上と進歩・普及に貢献した個人または団体(企業、グループ他)の活動が対象となります。対象として、SA資格者あるいはSA資格者を保有する企業あるいは団体に限定しません。

2.賞の種類と業績対象

「向殿安全賞」は、功労賞と功績賞とし、機械や自動化設備により構成される産業オートメーション分野における、ものづくり安全に係わる業績を対象に表彰します。

賞の種類 対象となる業績や成果
功労賞 ものづくり安全における、製造現場の安全の普及、向上などに長年尽力され、多大な業績を上げられた「個人」とし、機械安全の普及、製造現場の安全化推進、安全教育・人材育成などの顕著な業績を対象とする。
功績賞 ものづくり安全における、製造現場の安全化に多大な成果を上げられた「個人」及び「団体」とし、機械の安全化、製造現場の安全化推進、教育・人材育成、機械安全技術尾開発、国際貢献などの顕著な成果を対象とする。

3.申請

「向殿安全賞」の申請は、この募集要領および申請(推薦)書に基づき、推薦を行う個人又は団体により申請を行います。なお、推薦者はSA協議会会員(個人、団体)であることを原則とします。

4.申請書

SA協議会HPの向殿安全賞申請フォームから申請書(個人又は団体)をダウンロードし申請下さい。成果を示す参考資料を添付される場合は、A4用紙2枚以内とします。

5.送付

平成28年8月18日~平成28年9月14日の間に、SA協議会HPのメールフォームに指定項目を記入し、申請書及び参考資料を添付して送信してください。
 問合せ先:〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号
 日本認証株式会社 セーフティアセッサ協議会「向殿安全賞」事務局 (Tel 06-4807-3337)
 問合わせ専用メールアドレス:award-sa@j-cert.com

6.受付

申請書の事務局への到着により申請を受付けるものとします。なお、申請の内容などが、この賞の目的等に該当しないと判断される場合は、受理しないことがあります。

7.審査

「向殿安全賞」の審査は、SA協議会が委嘱した有識者とSA協議会会員により構成される「表彰審査委員会」が、その業績や努力度、波及効果などの表彰審査基準に基づき、賞の種類及び表彰対象者を決定します。審査結果は、推薦者に文書により通知いたします。受賞者以外の公表は行いません。

8.受賞の公表

受賞結果は、表彰式での表彰、SA協議会のホームページへの掲載、新聞等への広報により、受賞者、賞の種類、表題を一般に公表する他、受賞成果について別途発表等をお願いする場合があります。

9.表彰内容

「向殿安全賞」として表彰状及び記念盾を贈呈します。

10.表彰式

平成28年(2016年)度の「向殿安全賞」の表彰式は、以下で行います。
日時: 平成28年年11月2日(水) 12:10-13:10予定
場所:目黒雅叙園
「セーフティグローバルシンポジウム」にて表彰